白石温麺

宮城県

白石(しろいし)


白石温麺 | 宮城県(白石)のご当地B級グルメ白石に400年以上も前から伝わるご当地麺。

昔、鈴木味右ェ門という人が病気の父を気遣い、旅の僧から聞いた油を使わない麺の作り方を教わり、その麺を温めて父にススメたところ、病気が治ったという話。
その温かい思いやりから「温麺(うーめん)」と呼ばれるようになったとの逸話も。

基本的には温かいそうめんといった感じ。

白石市内の数多くのお店で食べることができます。