帯広豚丼

北海道

帯広(おびひろ)


帯広豚丼 | 北海道(帯広)のご当地B級グルメ発祥は帯広市の「ぱんちょう」と言われており、十勝地方の郷土料理として定着しているため「十勝豚丼」とも呼ばれています。

明治末期には養豚が盛んになりましたが、トンカツを使ったいわゆる「カツ丼」は庶民にはなかなか食べられるものではなかったため、ロースやばら肉を使った豚の焼肉丼が考案されたとのこと。

ちなみに「豚丼」は「とんどん」と読ませる場合もありますが、十勝豚丼は「ぶたどん」と読むのが正式です。