黒部ダムカレー

長野県

大町(おおまち)


黒部ダムカレー | 長野県(大町)のご当地B級グルメ日本一の規模を誇る黒部ダム。

その黒部ダムへ通じる現:関電トンネルの掘削は相当の難工事となり、映画「黒部の太陽」の題材にもなりました。
トンネル内は気温も低かったこともあり、作業員の食事はピリ辛カレーが人気だったそうです。

そのピリ辛カレーが「アーチカレー」として地元に定着しましたが、2010年頃から地元グルメとして売り出すため「黒部ダムカレー」として新たにPRを始めたそうです。

市内の各店舗で趣向を凝らしたかたちで提供されていますが「ご飯をダムに見立てる」「ルーをダム湖に見立てる」「ルーには遊覧船に見立てたトッピングをする」などのルールがあるようです。

ちなみに右画像は、鹿島槍スポーツヴィレッジ(旧:サンアルピナ鹿島槍スキー場)のセントラルプラザ1130内にあるレストラン「レッドシーダー」の黒部ダムカレー。
B級グルメインフォメーションこの店でしか食べられない限定グルメ
お店:鹿島槍スポーツヴィレッジ「レッドシーダー」鹿島槍スポーツヴィレッジ「レッドシーダー」 | 黒部ダムカレー | 長野県(大町)のご当地B級グルメ
アクセス:■信濃大町駅(JR大糸線)からバスで約30分
地図:マピオンにリンク
URL:http://www.kashimayari.net/