カノンパン

静岡県

韮山(にらやま)


カノンパン | 静岡県(韮山)のご当地B級グルメ
カノンパン | 静岡県(韮山)のご当地B級グルメ
幕末の頃、伊豆韮山代官の江川太郎左衛門によって、日本で初めて保存食としてのパンが誕生しました。

いわゆる日本初の「乾パン」で、韮山はその発祥地となります。

カノンパンは、1842年に焼かれた兵糧パンを棒状に再現したパンで、世界遺産・韮山反射炉を擁する伊豆の国市の名物として、市内各所にて販売されています。